スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第二章-11

 お互いに震える唇を重ね合い、静かに舌を絡ませた。甘く温かい口腔を貪る。左手は片桐の右の指にしっかりと絡ませ、右手は彼の背中を撫でる。制服越しでも肩甲骨の在り処は分かった。其処に触れた途端、彼の身体がひくりと跳ねた。お互いの身体の熱が分かった。鼓動が高い事も。
 舌を夢中になって吸っていると、しっとりと濡れた片桐の指が強く自分の指を掴む。上を向けた片桐の顔が何か言いたそうだった。絡んだ舌を一旦解くと、彼の方から舌を絡ませた。そして、自分がしたのと同じように無心に吸ってきた。応じるように背中に回した手を肩甲骨の廻りを撫でる。わななく身体を抱き締めたくて、指を離した。未練を持っているような指を一瞬強く握る。そうしてから背中に両腕を回した。片桐の自分よりは華奢な身体を抱き締める。
 おずおずと舌が動き、口腔内をさ迷っている。歯列を辿り、上顎に舌が触れた。その瞬間、言い様のない快感が湧き起こった。慌てて同じ事を彼にもする。お互いの身体の震えはますますひどくなった。そして、身体の熱も。血液が身体中を駆け巡っている事を自覚する。その血が熱い事も。
 
 その熱を直接感じたい。そう切実に思った。そっと唇を離し、身体も少し離す。彼はじっとしていた。屈み込んで彼の胸の辺りに耳を当てた。片桐の両腕は自分の頭を抱えている。
「お前の心臓の音が聞こえる。制服越しではなくて、直接感じたい」
 訴えるように言うと、片桐の鼓動が一層強くなった。確かめるように彼の顔を見上げると、濡れて赤みを増した唇が躊躇いながら動いた。目は閉じている。
「ああ、オレも…感じたかった」
 瞳を開けた。涙で潤んだ瞳に魅入られた。下睫毛に一粒ダイアのような雫が有った。それをそっと唇で掬う。頭に回された手の力が強くなった。
「その扉の向こうが、寝室…だ」
 見つめ合った瞳が外され、動いた。
「後悔は、しないか」
 確かめるように言った。何よりも彼の意思を尊重したい。
 揺るぎない瞳で、強く頷くと。片桐は少し身体を起こして、自分の左手を握った。
手を繋いだまま、寝室に向かう。些か覚束ない足取りだったが、彼の決意は伝わってきた。寝室に続く道が遠く感じた。
左手で扉を開けると、彼も中に入って来た。唇を重ねた。唾液のせいでさっきよりも濡れた感触が欲情をそそられる。少し震えながら制服の釦を外し始める。すると、彼も同じく自分の釦を外してくれた。やはり震えながら。
上半身を生まれたままの姿にして、革のベルトを外した。白い裸体が艶かしい。片桐の方は、指が震えているせいで、まだシャツの釦に取り掛かっていた。その指を引き寄せ、口付けた。羞恥のせいか頬が上気している。
 その顔に微笑みを見せ、自分の着衣を解いた。
 そして、寝台に優しく誘った。


ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!


FC2ブログにこっそりと過去小説をアップしていますが(ところどころ、悲惨な表現変えています。本家のヤフーブログではお返事コメが書けないのですが、こちらではそんなにコメも戴けないので返信コメントも充分可能です。コメントも大歓迎です~!
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。