スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第十章-15



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人はポイントが下回ると「ブログ辞めてしまいたい」病の発作が出ます凸凹
____________________________________________________

 彼の帰宅時間をさり気無く聞きだそうと、余分な質問をする。
 祐樹がざっと見たところ、部屋の掃除などはされていなかったし、彼の仕事では必需品のハズのパソコンも(祐樹のを使ったのなら別だが)見当たらない。この部屋に帰って来て――食事は小食の彼のことだ、祐樹と教授室で食べた後は食べていないだろう――御風呂に入り、朝食の準備をして就寝する他にすることと言えば専門誌を読むことぐらいだろうが、そういった気配もなかった。
「私…ですか?何をしていました?」
「私が覗いた時はCTの画像を見て医師に指示を与えていたという感じだったが…長い時間は見ていなかったが…」
 それなら祐樹が教授の部屋を見上げるのを中止して、救急救命室に走ってすぐのことだ。
 あの時間から真っ直ぐここに帰ってきたのだとすると――彼ならそうしただろうが――部屋で少しはゆっくり出来たに違いない。
「ああ、何故か阿部士長が、『指揮を執ってみて』と言い出したので…こわごわやっていた時のことだろうかと思います…教授が御覧になられたのは」
 職業柄、食べるのは早い。特に朝は。祐樹も殆ど食べ終わっていたし、教授も八割がた食べ終わっている。
 彼の匂い立つような白い指が礼儀正しく箸を置き、何かを考えるように細い顎にかかった。
「阿部士長は、絶対に患者さんの負担になるようなことはしない。祐樹が指揮を任されたというのも、阿部士長が『任せても大丈夫だ』と思ったに違いない。学生の頃から救急救命室に行っていたが…任された先生は、私が把握している限り系列病院の救急救命センターで救急救命医として働いている。中には救急救命センター長まで出世した先生も居る」
 その話を聞いて心の底から驚いた。阿部士長が祐樹の我が儘を聞いてくれる代わりに無理難題を押し付けただけだと思っていたのだが、それほど祐樹の医師としての腕を買ってくれていたとは…。彼女の仕事熱心さからすると、祐樹の腕に不安があれば、他のことで無理難題を言ってくるだろうから…。
 教授に「なぜ阿部士長が指揮を執ってみて」と言い出したのかを打ち明けてみたいな…とフト思ったが、職場で教授が祐樹のことを本当に注意を払ってくれているかを確かめるために――自分でも子供じみた考えだとは重々承知していたが――そちらは黙っていることにした。
「もしかして、教授も指揮されたこと…ありますか?」
「正式にはない…流石に救急救命室が一種の治外法権でも…私が入り浸っていたのは医師免許を取る前のことだったので…本来ならば医療行為も医師法違反なのだが…それは黙認されていたが、指揮を執るとなると医師の反発は必至だから流石の阿部士長も遠慮したようだ」
――正式には――とわざわざ断りを入れるところが怪しい。こっそりと指揮を執ったに違いないと思った。祐樹にすら出来ることなのだから教授ならばもっと上手かっただろうな…と思った。こういう時に彼と自分との差を自覚するが腹は立たない。もっと医師としての腕を磨くべきだと固く決意する。
 ちらっと彼の清楚でありながらどこか妖艶な眼差しが時計を確かめている。
「祐樹のお母様からすると自慢の息子だろうな?一人っ子なのだろう?」
「医学部に合格した時と医師になった時はとても喜んでくれましたよ」
 教授が天涯孤独の身の上だということは知っていたが、彼の言葉は患者さんの容態を家族に説明している時と同じで何の動揺も浮かべていない。その上、純粋に知りたいといったニュアンスだったので祐樹も誤魔化さずに答えた。
「次は可愛いお嫁さんをと思っているのではないか?」
「…思っているかも知れませんが…口に出したことはありませんね。しかし、私自身、今は女性に興味がないですから…。それに母は自分の病気で息子どころではないと思いますよ…」
 もう一歩踏み込んで教授をどう思っているかを言いたかったが、朝っぱらからそういう話題を振るのも憚られた。
「そうか…。M市市民病院だったな」
 記憶力の良い人が二回も…それも祐樹の母が入院している病院の名前をどうして確認するのかと思いながらも頷いた。
「そろそろ出勤する時間ですね。私はネクタイを締めるだけですから、教授は着替えて下さい。後片付けはしておきます」
「…そうだな。で、朝食は祐樹の口に合っただろうか?」
 心配そうに顔色を窺う教授に思わず笑みを深めた。
「とても美味しかったですよ。こんなに美味しい朝食を食べたのは実家に居る時以来です」
「そうか…それなら良かった」
 晴れ晴れとした口調と微笑みがこちらまで幸せにさせてくれる。
 彼はリビングにきっちりと自分の私物を分けて置いている。祐樹としては自分の収納スペースに彼の洋服をハンガーに掛けて貰っても全く構わなかったのだが、几帳面な彼はそいう曖昧さを嫌いそうだ。使った皿を洗うためのシンクに運んでいると、彼はちょうどTシャツを脱いだところだった。
 思わず手を止めてじっと見詰めてしまう、ついでに呼吸も。
 彼の白い背中の肩甲骨が理想的な形で突き出している。そのラインから幾分ほっそりとはしているものの、肩幅は男性的なラインを描いている。そこから伸びる長くて芸術的な腕。普段は滅多に見られない箇所を朝の陽光の下で惜しげもなく晒されているのを感嘆の余り凝視していた。
 視線に気付いたのか、彼は不思議そうに祐樹を見る。
「いえ、何でもないです」
 大急ぎで皿を洗い、ゴミの日ではないことを確認して――教授が祐樹のサインに気付いてくれたら今夜はここには帰らないつもりだったので――三角コーナーを見るとピカピカに光っている。――ああ、ここを掃除してくれたのだな…と思うと、嬉しさ半分、もう少し身体のことを考えて欲しいと思う気持ちが半分だった――
 手早く出勤準備をする。2人して部屋を出ようとすると、教授が祐樹の腕を軽く掴んだ。彼の神秘的な瞳に吸い寄せられるように唇を重ねた、ほんの刹那だったが。
 我に返った祐樹が鍵を取り出す前に教授が真新しいキーホルダーから鍵を取り出して鍵穴に鍵を入れる。しかも嬉しそうに微笑みながら。
 その笑顔に心拍数が上がった。と同時に、そのキーホルダーには祐樹のマンションの鍵しか入っていないことに気付いた。

_________________________________________________________

「次が早く読みたい」とか、「頑張れ!」という印に二つクリックして下されば嬉しいです!管理人は次をスグに書こうという元気を戴いております!!

↓↓↓



_________

_______________________________________________________

 やはり、自作に自信もなければ、「本当にこの話が面白いと感じて下さっていらっしゃるのかとっても疑問(TT)とアセアセしています。
 ご意見・ご要望などありましたら、どうかコメント下さいませ。一言でもいいですので
~!ちなみに、ヤフーブログでは「コメント投稿」の「投稿ボタン」の下に「内緒」という文字がありますよね。そこにカーソルを合わせ、クリックすると、緑色の矢印が出ますので、その矢印のまま「投稿ボタン」をポチっと押せば、管理人と投稿者様しかコメントは見ることが出来ませんので、、どうか宜しくお願いします。一言コメントで、かなりやる気を戴いております~!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。