スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第十章-21



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人はポイントが下回ると「ブログ辞めてしまいたい」病の発作が出ます。特効薬はあなたのクリックです~!凸凹
____________________________________________________


 鍵を掛けた扉に寄りかかって、星川ナースが万が一にも出て行けないようにしてから、右手の怪我の具合を確かめる。
 出血はしているものの、指は支障もなく動く。どうやら腱は無事なようだった。そのことにまず、安堵する。手の腱を切ってしまうと日常生活はともかく心臓外科医としての微細な動きは不可能になる可能性が高い。
 素晴らしい手技を持つ香川教授のようになりたいと思っていた祐樹にとってはそれは避けたい事態だったのだから。
 掌を心臓より上に上げて取り敢えずは出血を止める。そして彼女を睨み据えた。彼女も強気な瞳で見返してくるが、どことなく切羽詰った感じがする。少し危険な雰囲気だった。
「手術室の道具出しのエースにしてはメスを逆に出すというミスはあからさま過ぎませんか?」
 怒りの余り、却って丁寧な口調になった。
「教授も仰っていたじゃない?『ミスを起こすのが人間だ』と。田中先生はヒヤリ・ハットの事例が何件有るかご存知ないの?」
 あくまでも故意ではなく、ミスだと言い張る彼女の瞳の中に追い詰められた人間が浮かべる虚無感に似た光を見つけた。
 これは感情的に責めるよりも、彼女の言い分をある程度聞いておくほうが有利かもしれないと咄嗟に判断する。
 そのためには祐樹自身の怒り――自分の手を切ったことではなく、教授の神の手とまで呼ばれる手を傷つけようとしたことが許せなかったので――を冷ます必要がある。時間が必要だ。
 手術準備のために念入りに手洗いをした手なのでもともと消毒は済んでいるのと同じようなものだったのだが。それに、執刀医として術野にメスを入れていた教授と違って第二助手の祐樹は外回りの手伝いをしていたこともあり雑菌が手に付く機会はない。メスももちろん新品が使われているので、多少切ったところで怪我が雑菌により酷くなることもないだろう。が、星川ナースに冷たく言った。
「心臓外科の香川教授の命令です。手当て…して頂きますよ」
 扉に寄りかかったまま、手術用手袋を左手ではがした。心臓よりも上には上げているが、動脈を切ったらしく出血量は滴るほどの量だ。現に何本もの血液の筋が祐樹の掌から腕へと伝っていた。
 彼女は強気な視線のまま、処置用セットを出し、手早く血止めをし、包帯を巻く。流石に手術室や救急救命にお呼びがかかっただけのことはある。怪我の対処は実に手早く適切だった。
 そのリズミカルな動きを見ているうちに、「教授の腱をもし切断していたら」という怒りの念が徐々にクールダウンする。実際に教授が怪我をしたわけではないので尚更。鎮まってはきたものの、彼女に対する怒りは雲散霧消するわけではなかったが。
「香川教授はこうも仰っていましたよね?『ミスをしないように気をつけろ』と。その言葉は聞いてなかったんですか?」
「聞いていました。でも…疲れていてフッと意識が飛んだ時に間違ってしまって」
 どうせ形だけだろうが、しおらしい様子を見せる。
「疲れているのは医師も同じですよ。それでも皆がミスをしないように神経を尖らせているというのに…」
 彼女の瞳に挑戦的な光が戻る。
「先生たちはいいわよね。社会的地位も高いし、おまけに香川教授はあの年齢で教授でしょ?アメリカ時代も稼いだようだし…そして日本に凱旋帰国した…しかもこの大学最年少の教授として…。私ももっとお金が有れば、ナースの専門学校ではなくて医学部に行けたのに…。先生達を見てたら本当に腹が立つわ。
お金に糸目はつけずに親御さんに最高の教育を受けさせてもらって、学生時代からはお嬢様大学と合コンとか、今流行りの『結活』でも、とっても有利よね。その点ナースの仕事はキツイし、医師の結婚相手を紹介する『婚活』の相談所にはナースは入れないのよ。良家の子女や、フライトアテンダントやモデルなんかが入れるというのにね、そんな人達と結婚して幸せでリッチな生活が出来るのだもの。
私から見れば、医師なんて恵まれた人の象徴としか見えない」
 悔しそうに彼女は言った。
「それは少し違いますね。医師と一括りにされていますが、私や香川教授は、決して恵まれた学生時代を送っていませんよ…。私も父が早く亡くなり、母が生活をギリギリまで切り詰めて独力で医学部を目指しました。香川教授も同じような境遇だったと…仄聞しています」
 ――他人を逆恨みするヒマがあったら、医学部に入るために猛勉強すれば良いのにと思ってしまう。確かにちゃらちゃらした医者は多い――
 とそこまで考えて、ちゃらちゃらした医師の代表格に祐樹が仮想敵と看做している山本センセが居たな…と思う。
「今の貴女の御言葉は、努力もせずに医師になったように聞こえますが、私にしろ香川教授にしろ、独力で勉強してこの大学の医学部に合格しました。貴女にはそれが可能ですか?」
 高圧的ではなく、精神科の医師がカウンセリングをするような感じで相手の感情を逆撫でしないように言った。
「『あの』教授も金銭的に苦労しながらも、この大学に入ったの?」
 初めて彼女の表情が、怒りから驚きに変わった。
「ええ、そう聞いていますが…」
「そんな…聞いていた話と全然違う…」
 独り言のようにぽつりと呟いた。
 その時、ドアを幾分乱暴にノックする音が聞こえた。

_________________________________________________________

「次が早く読みたい」とか、「頑張れ!」という印に二つクリックして下されば嬉しいです!管理人は次をスグに書こうという元気を戴いております!!

↓↓↓



_________

__________________________________________


このお話は、






の章立てで出来ております。読んで戴ければ嬉しいです~♪


____________________________________

 ブログが双方向のコミュニュケーションであることは重々承知なのですが、本当にリコメ出来なくて申し訳ないです!!
 コメントを毎日のように下さって入れて下さっている方、特にやふーIDをお持ちでない方や、やふーブロガーさんでない方にはお礼のしようがないので、誠に申し訳なく思いますが、、、ただとっても嬉しいです。特に番外編に対する鋭い突っ込みをされた方や、これからの予想をして下さった方、そして「星川ナースむかつく~」と真剣に怒ってくださった方、涙が出るほど嬉しかったです~!いい小説を書いてお礼をするしかないのですが、何分文才がないもので…まったくお礼にはなってないようなorz

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。