スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第十一章ー14






凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人はポイントが下回ると「こんな下手な小説ブログ辞めてしまいたい」病の発作が出ます。特効薬はあなたのクリックです~!仮眠中でも小説気になって起きるという生活で、ちょっと燃えつきかけです。燃料はコメ&クリックですのでどうか宜しくお願い致します~!凸凹

 管理人のポイントの考え方などが書いて有りますので、御用とお急ぎでない方はこちらも読んで戴けれると嬉しいです!


 いつもコメ&村クリック有り難うございます~!

______________________________________


 長岡先生の視線が感謝の意を表明するように祐樹に向けられている。
 祐樹は長岡先生の視線を感じながらも――医師の不手際は有ってはならないことだが、長岡先生ならば仕方がない――という諦念もあった。オリジナルの強心剤のカンフルを割りもせずに救急救命室に持って来られただけでも進歩だな…と思う。会釈だけをすることにする。もともとそんなに親しくはない。教授のプライベートを知る恐らく唯一の人間なので、話してみたかったが。
 香川教授が彼女の内科医としての腕を買っているのは承知の上だが、それ以外にも彼女を放っておけなくなる気持ちも分かるような気がする。教授も祐樹も一人っ子で長男だ。きっと、危なっかしい妹を見ているような感じなのだろうと思う。彼女の婚約者の顔を拝んでみたい――とても包容力があるのだろう。あるいは単なる怖いもの知らずなのか?――。
 祐樹が教授に近付くと、祐樹が纏っている香りをいち早く察知したようだった。
 刹那の間だったのだが、彼の瞳に妖艶な輝きが浮かんだ。直ぐにその光は消えてしまったが、遣る瀬無い顔をしている。
 十分、祐樹の誘いは分かったハズなので、彼の澄んだ瞳を凝視する。
 彼は眼差しで「分かった」という返事を返してくれた。その瞳が幽かに潤んでいた。
 その様子を長岡先生が見ていたが、彼女なら――何と言っても香川教授に心酔している上に婚約者まで居る。――香川教授についてのウワサは流さないだろう。
 教授が香りのメッセージに気付いてくれたことに内心では喜びを隠せなかった。が、仕事中だ。
 柏木先生も空のシリンジ(注射器)を多数持参している。血中濃度をコマメに測るつもりらしい。そして血液を保存するための容器も。
「長岡先生、万が一の時には、ゆ…田中先生がカンフルを注射しますので…その効果を説明して下さいませんか?」
 トレーには12本ものシリンジが並んでいた。強心剤は一種類だけだと思っていた祐樹などは開いた口が塞がらない。
 長岡先生が立て板に水と言った感じで説明をしてくれるが…12本の効用の違いが、あまりピンと来ない。祐樹の頭脳のせいなのか?と思って、教授と柏木先生の顔を見る。2人とも呆気に取られた表情をしていたので、自分だけではなかったことに少し安堵した。
「要するに、一番重篤な発作を起こした時には、一番右側のこのシリンジを使用する。左側から順番に強心剤の効き目を高くしたという理解でいいでしょうか?」
 その場の責任者である教授が念押しをする。長岡先生は、余程急いで調剤をしてこちらに駆けつけたのだろう。化粧がところどころ崩れていた。白衣の下は相変わらず上品な色のスーツらしいが。
「はい。そうです。急いで作ったのですが、香川教授のお陰で随分と強心剤のジキタリス調剤には詳しくなりましたので、鈴木さんの身体に合わせて想定しうる限りの薬を作りました」
 こういう説明をしている時の彼女はとても明晰で自信に満ちた話し方をする。が、自分の専門外のことや、緊急事態になった時にはどうしてあれほど自信無げになるのか…不思議な女性だな…と思う。
 祐樹は、万が一鈴木さんに発作が起こった時には迷わず一番右のシリンジを使おうとそれだけを頭に入れて、鈴木さんの様子をこっそりと観察する。が、彼はすっかりリラックスしているようだった。香川教授もこの場に居るということで安心しているのかもしれなない。遠慮したのか、香川教授と顔を合わせた時に深深と頭を下げただけで話しかけてはいなかったが。
「では、そろそろ入ります。大丈夫ですか?鈴木さん」
 教授がそう行ったのを合図に長岡先生がドアを開ける。こういう点は、機転を利かせることが出来るのだな…と思う。
 鈴木さんは興味深そうな表情を浮かべるだけで緊張している様子は全く窺えない。
 香川教授を先頭に救急救命室に入った。
 運が良かったのか、現在治療中の患者さんはおらず、阿部士長が待ち構えていた。そしてその背後にはこの部屋に居ることが珍しい――と言ってもこの部屋の責任者なのだが――北教授の姿もある。流石に前代未聞のこのプロジェクトには責任者として顔を出す方が良いと判断したのだろう。
「北教授、この度はご許可を戴いて有り難うございます」
 ポジションは同じだが、年齢的に隔たりがあるので、香川教授も丁寧に挨拶をする。といっても、彼がぞんざいな口調で話すのを聞いたことがなかったのだが。誰に対しても丁寧な口調で話していた。
「いやいや。火の車のウチに助っ人は送り込んでくれるわ、今回の件では素晴らしいアイデァを出してくれるわで助かっている。恩に着るよ」
「いえ、教授には、いつぞやの教授会で助けて頂きましたし…あの時は有り難うございました」
「別に助けたつもりはない。私が常々思っていることを言ったまでだ。内科や精神科の教授達は、外科の過酷さを知らないからこそ、ああいったことが主張出来るのだ。全く、一度は見学にでも来てからモノを言えと言いたくなる。で勇気ある、患者さんとはこの方かね?」
 北教授は鈴木さんの方を迷わず見た。それはそうだろう。白衣の中で1人だけパジャマ姿なのだから。阿部士長も北教授が話しているので、黙っている。彼女にしては珍しいが、上司の顔を立てるつもりだろう。
 北教授の顔が訝しそうな表情を浮かべる。
「お久しぶりです。北先生。教授になられたのですか?それはおめでとうございます」
 落ち着いた声で鈴木さんは言った。
 2人は知り合いだったのか?と思った。
 
_________________________________________________________

「次が早く読みたい」とか、「頑張れ!」という印に二つクリックして下されば嬉しいです!管理人は次をスグに書こうという元気を戴いております!!

↓↓↓






___________________________





 

 いつも励ましのコメントや村クリック有難うございます~!パソの調子が悪くブログ村への「PING送信」が出来たり出来なかったりです><死んでなければほぼ毎朝更新ですので…ブログ村で新着表示がなくても覗きに来て戴ければ大変助かりますorz

 リコメが出来ずに誠に申し訳ないのですが、コメントは本当に本当に励みになっております!!有り難うございます~!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。