スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昔はモノを」-6




凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。感涙の涙で溺死しそうです~!凸凹
____________________________________________________

凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人はポイントが下回ると「こんな下手な小説ブログ辞めてしまいたい」病の発作が出ます。特効薬はあなたのクリックです~!仮眠中でも小説気になって起きるという生活で、ちょっと燃えつきかけです。燃料はコメ&クリックですのでどうか宜しくお願い致します~!凸凹

 管理人のポイントの考え方などが書いて有りますので、御用とお急ぎでない方はこちらも読んで戴けれると嬉しいです!



 なお、不快に感じられる方もいらっしゃると思いますので、閲覧には十分注意して下さいませ。

 まかり間違っても読まれないように、「ごんぶろ」ブログ、ごんべえ様から綺麗なお花の画像をご本人様了解の上、掲載させて戴いております。
 なお、ごんべえ様のブログはこちら
 ↓ ↓ ↓
 
 「~ごんべえのちょっとおかしな写真~」ブログ

 綺麗で清楚な色気を放つお花や、素敵な詩、そして時々はグルメな記事をアップされていらっしゃいます!いつもその美しさに眩暈がします~♪
____________________________________________________

 「なぁ、雅浩、どうしてこんな時期外れに、しかも天下のN高校を辞めてまでウチに来たんだ?」
 表向きの理由は聞いてはいたが、彼の顔をずっと見ているとどうしてもそれが本当の理由とは思えない。
「ああ、本当は、同じ学校の恋人が自殺した。勉強で追い詰められた末のことだと遺書にはあった。東京の同じ大学、同じ学部を目指していた。が。俺はいつも模擬テストでA判定だったが、あいつはC判定だった。『Cでも受かるヤツは受かる。だから一緒に頑張ろう』と励まして来たんだが、最後に逢った時、ポツリと『もう、疲れた』とだけ言って去った。その夜だ、彼がマンションから飛び降りたのは…。それで、全てが虚しくなった。学校も辞めて働きたかったが、学歴も一応は大切だ。だが、あいつと一緒に通った学校にだけはもう通いたくなかった。両親はあいつと俺が親友だと思い込んでいたから…『転校したい』という俺には反対しなかった。ただ、それだけの理由だ」
 淡々と語っているが、言葉の端々に激情がにじみ出る。
「そう・・・か」
 それだけしか言えなかった。下手に慰めるよりも…と思い、そっとベッドから下りた。
「視聴覚教室へ行こう」
 肩に手を置いて、そう誘った。
 この駅で一番高い建物はこの学校と寮という辺鄙な場所だけあって、夜道は外灯が等間隔に無人の道を照らしている。雲ひとつない空に満月が清浄などこか蒼い光を放っていた。
 雅浩の過去を聞いてから、何となく彼の孤独と衝撃を分かち合いたい気分になって、千秋の方から手を繋いだ。横目でそっと見上げると、彼も満足そうに微笑っている。学校までは1キロ程度だが、平坦な道なのでそんなに時間は掛からない。
「しかし、驚いた。転校した先でアイツと良く似た人間と出会うなんて…」
「そんなに似ていたのか?」
「いや、背格好は殆ど同じだが、顔が少し違うな…冷たい感じがするのは似ているが、千秋の方が整った顔立ちだ。性格も千秋の方が強そうだ」
「それって褒めているのか?」
「もちろん。もし、アイツより繊細な人間ならば…こんな関係になろうとは思わなかっただろう…あんな思いは二度としたくない…」
 どう考えても褒められているようには思えなかったが、これ以上聞いて彼の心の傷を深めたくなかった。
「ここから入れる」
 鍵が壊れてそのままになっている窓を指差す。窓を開け、先に入った。今日初めて知り合った相手とこんな関係になってしまったのは自分でも信じがたいが、雅浩の全てを知りたいという欲求を抑えることは出来ない。
「鍵は掛けていないのか?」
「ああ、規則の厳しい学校だし、夜中に忍び込んで悪さをする生徒は居ない。それよりも3キロほど離れた牛丼屋に行って見つかった生徒の方が多い。皆退学処分になった…」
「それは厳しいな…盛り場で遊ぶならともかく、牛丼を食べに行っただけだろ?」
「ああ、だから退学処分のリスクを背負って学校に忍び込むヤツなど居ないし、近所も畑だらけだ。学校に金目の物もないから、警備員も居ない」
「それは好都合だ」
 無人の校舎だけに何となく声を潜めて会話をしていたが、雅浩は面白そうに笑った。白い歯が零れ、月明かりに反射する。つい見惚れてしまった。
 視聴覚教室に忍び込む。ここの机は三人が同時に勉強出来るように長方形の形をしている。机の上には何も備品はない。というのも、この教室は音楽鑑賞とセンター試験用のリスニング対策でしか使用されておらず、リスニングには実戦さながらのICプレイヤーが配布されるし、音楽は教室の壁に埋め込まれたスピーカーから流れてくる仕組みだ。
「おい、カーテンを開けるのか?」
 声に非難を込めた。一教室だけカーテンが開いているのも不自然だ。
「どうせ誰も通りかからない。現に今まで誰にも出会わなかった。それよりも、月明かりだけででも千秋のイイ顔を見たいし、身体も見たい」
 耳元に低い声で囁かれると抵抗出来なくなる。窓に一番近い机の上に腰を掛けた。上を向くとすかさず唇が降ってくる。
「見た目は薄そうなのに、意外と柔らかい唇だ。ずっとキスしていたくなる」
 少しだけ唇を離してそう言われると理性が弾けた。雅浩の学生服の釦を外す作業に熱中する。厚い生地なので外すのは少し骨が折れた。ただ釦を外しているだけなのに…自分の釦は毎日留めたり外したりしているのに、奇妙なほどの興奮に包まれる。上半身をはだけさせると、額にキスされた、愛しそうに。
 学生服は色々なところにポケットがある。雅浩は寮の部屋から持ち出してきたタオルを机に敷き、その上に全裸の千秋を座らせた。胸が恐怖とそれを上回る期待にわななく。




 
 スミマセン~!昨日はパソの前で夜明けを迎え←書いている途中に寝た模様。しかも書いている「下克上」は文章が滅茶苦茶だった←必死に睡魔と戦っていたらしい。しかも、「眠打」というカフェインの栄養(?)ドリンク2本飲んでも寝てしまったという。頑張れば今日「下克上」アップ出来るのですが、明日(ってもう今日ですね)の仕事で絶対死ぬと思われるような体調です。なので、「昔は~」を先に更新してから取り敢えず寝ます。明日滅茶苦茶早起きしたら、「下克上」続き書きますが、多分無理です、スミマセン!!で「昔は」も6回とか書いたような気もしますが、書き足したいことも有り、明日完結させます。更新停滞&予告変更申し訳なく思います。
 何しろ仕事場に12時間拘束、しかもACのガンガン効いた場所もある…というのでとても疲れていますので。

    

_____________________________________________________




_________

やっぱり「下克上」も更新しないとポイント落ちますね。でも、それで身体壊したら何にもならないので。でも変わらず応援して下さる読者様や感想コメを下さる読者さまにはよりいっそう感謝致します~!読んで戴き有り難うございます。出来れば (。゚ー゚)σポチッ凸
お願い致します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。