スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第一章ー3

 初めて出会った時は、初等科の時でもあり皆があだ名で呼んでいたので気づかなかった。中等科の時は組が違い、「あの片桐」の息子が同じ学年であるという噂を耳にするだけだった。自分からどの生徒か積極的に確かめようとはしなかった。高等科に入ってすぐの頃、クラスメエトになったことを知った。ほとんどが顔見知りの学校のことなので、自己紹介も簡単に行われた。そこで知ったのだった。
「あいつが片桐の息子」
 そう思って憤りを孕んだ瞳で睨み付けた。片桐もその視線を感じた。こちらを向いた。一瞬眉間にしわを寄せ大きな瞳を細めて何かを言いたそうな眼差しを浮かべた。が、我に返ったように視線を逸らせた。それからの片桐は加藤に喋りかけることもなく、お互い無視しあう状態が続いた。加藤は相変わらず、黒い瞳に憎悪の念を浮かべて片桐を見ていたが、片桐の方は気づかないふりをしてその瞳をかわし続けていた。

 ―その均衡が崩れた切っ掛けは―

 ある冬の日、加藤がいつものように通学のために自分の屋敷を出るところだった。加藤邸では女中頭でありながら執事の役割をしているマサが、「晃彦様、午後から雨になるとのことです。傘をお持ち遊ばせ」と声を掛けてきた。その横には母の真津子が見送りに立っていた。
「今日はお車でお送りするほうが宜しいのではありませんか」
「相変わらず心配性ですね、母上。学校で車の通学は禁止されているのですよ」
「でも、晃彦さん。以前の夜会でお目にかかった伊東様のご子息はお車で通学されていると仰られていると伺いましたわ」
「院長先生は軍功がおありになるので、学生は身体を鍛えるためにはなるべく歩けといつも仰っています。だから自動車通学も禁止されているのです。その決まりを破ることは僕には出来ません。」
「まああ、真面目なこと。晃彦さんはいつも真面目ですわね。では女中を誰か付けましょうかしら。マサ、早速」
「承りました、奥方様」
「いや、マサ。それには及ばないよ。女子部の生徒でもあるまいし、付き添いなど恥ずかしい」
 長男である自分を気遣ってのこととはいえ、過保護だと思った。母がそれ以上何か言い出す前に、さっさと登校するに限る。そう思って屋敷を出た。
 曇り空だった。母達とのやり取りのせいで傘を持ちそびれたことに気づいたが、引き返すと学校に間に合わない。
「雨が降ったらその時はその時だ」そう思い、登校した。
 下校時間には本降りの雨が降っていた。しかも雪も混じっているようだ。通用口に佇んで、「誰かの傘に入れて貰おうか。それとも、屋敷に電話しようか」と思案に暮れていると、
「ほら」とぶっきらぼうな声と共に大きな傘を開いていた片桐がいた。華奢な指先が骨の太い傘を操るにはいささか不似合いだったのが印象に残った。
「このくらいの大きな傘だと一緒に入れるだろう。お前の屋敷まで送る」
 今まで口も利いたことのない相手の唐突な厚意に驚いた。
 しかし、片桐の顔は強張ったままだ。片桐の住所は知っていた。学校が配布する住所録に載っていたからだ。加藤の屋敷を通り過ぎてから片桐の屋敷に着くはずだ。
 この際は仕方ないと吐息を飲み込んで、
「では、頼む」
「ああ。」
 そう言ったが、不本意な表情を片桐は浮かべていた。

__________________________________

この小説はフィクションでありファンタジーです。一応、歴史上のことも出て来ていますが、作者の浅学不才により間違いもあると思います。なお、人名は、登場人物は全てフィクションで、ちらっと出てくる人物はノンフィクションです。風習なども調べましたが、至らない点がありましたらお教えください。
ちなみに、この小説(もどき)はヤフーブログでも自作として公開済みのものです。もちろん、作者は同一ですので、その点はご了承下さいませ。
__________________________________

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

わ!

みかさん発見♪
FC2,慣れると使い勝手がいいですよ(*´∀`*)
こちらでもヨロシクお願い致します!!
(後ほどリンクさせて頂いてもよろしいですか?)

No title

>柚木季さま
 いやぁ、発見されてしまいました~!って、足跡からですか?私がFC2ブログをオロオロ、オタオタしながらメインブログも開けていた時でしょうね…。
 でも、皆様のような素晴らしいブログにはなれそうにもないのですが、こっちはこじんまりとしていきたいと思っております~!
 
 リンクのお申し出有難うございます!ただ、私の方で「り。リンクって、どうするの?パニック!」なもので、して頂けるのは嬉しいのですが、私からのリンクは分かり次第させて頂きます!
 コメント有難うございました*^^*
プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。