スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第十三章-17






凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人はポイントが下回ると「こんな下手な小説ブログ辞めてしまいたい」病の発作が出ます。特効薬はあなたのクリックです~!仮眠中でも小説気になって起きるという生活で、ちょっと燃えつきかけです。燃料はコメ&クリックですのでどうか燃料投下宜しくお願い致します(TT)


___________________________


 寝る用意を全て整え、ベッドに入った。いつもなら――情事の後はともかく――布団に横たわると直ぐに眠ってしまう祐樹も今夜ばかりは色々と考え込んでしまう。
 山本センセ達のことは教授や黒木准教授の権限に移ってしまっているので、祐樹が口を挟むべき筋合いはない。
 もちろん、杉田弁護士から手渡された証拠書類は別れ際に上司である教授に手渡してある。
 教授の別れ際の悲しみを湛え、いつもよりも透明で消えて行きそうなくらい澄んだ瞳や彼の顔が脳裏にちらついてしまう。やはり杉田弁護士のアドバイス通り全てを話してしまった方が良かったのではないかとも、チラっと思ったが、彼にこれ以上の重荷を背負わせるわけには行かない。
 それに驚天動地の母の話し。あれは絶対に祐樹のために彼は動こうとしてくれているのだろうと思う。そうでなければつじつまが合わないことが多すぎる。だが、この件を確かめるのは彼に潔く告白して――そうなることを心から願うが――イエスの返事を貰ってからにしようと思う。そうでないと、彼は本当のことを言ってくれないかもしれない。彼は基本的に嘘は吐かない人間だとは分かっているが。嘘・本当の問題ではなくけじめの問題だと思う。告白する前ならタテマエを語られる可能性もある、ホンネではなく。それも祐樹が負担に思わないようにしようという彼の切ない心遣いから。
 やはり、彼は祐樹のことを…そう思うと大変嬉しい。嬉しいが今までの自分達は――特に最初のそういう行為の時――最初は合意の上だったが、その後彼には酷いことをした。それに今までホテルで逢う度に彼の羞恥心を煽ったり、恥ずかしい行為ばかりを選んだりした記憶が苦い薬を飲んだ後のような感じを祐樹に与える。
 もう少し、優しく振舞えばよかった…そう思っても6日の桃、10日の菊だ。
 逢瀬の時も彼の肢体やその内部、そして顔を褒めていただけで、肝心の言葉はまだ言っていないことにも気付く。その時は、彼の気持ちが分からなかったということもあるが。
 今度こそ言おうと今夜になって何度目か分からない決心をした。3日、いやもう2日後か。杉田弁護士が、独自のルートで興信所の動きを止めてくれるだろうから。彼はゲイ・ー「グレイス」で会う時とは違っていかにも敏腕弁護士といった風情だった。
――時々は、特に教授の彼の新たな魅力を見せ付けられていた時は、脱線していたが――といっても、祐樹も全く同じ気持ちだったので同じ性癖を持つ者としては無理もない話しだと思っていた。ノーマルな男性が女性の肌の露出した服を着ていれば男性としてはついついそちらに目を遣ってしまうのと同じ心理だと思う。一旦思考が途切れた。

 彼がだだっ広いフローリングの床に座ったまま声もなく涙を流している、カーテンも引いていない大きなベランダに続くガラス張りの扉からは青白い月の光が入ってきて、その涙を蒼く染めている。近付こうとすればするほど、彼の月明かりで蒼く見える姿はどんどん遠ざかる。
「待って下さい!行かないで!」

 叫んだ声で目が覚めた。どうやら夢だったらしい。五月だというのに汗びっしょりだった。簡単にシャワーを浴び、先ほどの夢に出て来たのと同じ月を窓越しに眺めた。
「悪い夢を見ないでゆっくり休んで下さいね」
 月に向かってあたかも彼がそこにいるように愛しげに呟いた。このくらいの独語では盗聴者がいたとしても何を意味するかは分からないだろう。寝言であれ以上のことを口走っていなければいいなと思うが、その点はあまり自信はない。過去夜を共にした男女問わず少数の人間は――何しろ行為が終ってから帰ったり、帰らしたりした人間が圧倒的多数だったので――祐樹が「寝言を言っていた」と報告してくれた人は居ない。イビキと違って寝言を言ったことを告げてもマナー違反にはならないだろうから、祐樹は多分寝言を言わないタイプなどだと強引に結論付けた。
 祐樹がこの部屋に帰ってこられるのは、救急救命室勤務のない時だった。彼がこの部屋で寝起きするようになってからは…彼の方がこのベッドを使った日の方が多いだろう。彼も綺麗好きだし洗濯はまめにしているようだが、今日の夕方、彼に有無を言わせずに帰したので、寝具を換えたり洗ったりする時間がなかったのだろう。その前の日はホテルだったし。
 もう一度、毛布にくるまると仄かな彼の香りがした。その香りのせいで空虚感はよりいっそう高まる。彼が横に居ないという不在の重さを噛み締める。今日は五月の標準的気候だ。昼間、教授が院生だか学生だかの服を着て――あの姿は眩暈がするほど良く似合っていたが――現れた時も半そでだった。夜になっても気温はそんなに下がっていないのに、彼が居ないだけで寒さを感じる、肉体的にも精神的にも。
 彼がこの部屋に来てから冷蔵庫の中身は目に見えて増えている。その中に牛乳があったことを思い出し、マグカップに注ぐと電子レンジに入れた。その間に机の上に放りっぱなしにしていた山本センセの経歴を女子高生が毛虫を見るような目で見た。
_____________________________________________________

下の画像(。゚ー゚)σポチッ凸(。゚ー゚)σポチッ凸っとお願いいたします~!







 お見舞いのコメント、とっても嬉しかったです!!私はイベントなどに参加していないため、ブログの読者様のコメと村ポチしか、「書いてて良かったなぁ…」と思えないもので。ブログ村BL部門のブロガー様はJ庭(創作系同人誌即売会の話題で…1人ぽつーんと取り残されております。
 気管支炎は、お医者様の薬で大分良くなりましたが、まだ完治はしておりません><

 調子に乗って「番外健全編」を書きました。18禁どころか15禁ですらないので、一般読者様も読んでくださればとっても嬉しいです~!
 シンガポールのホテル編は同志の皆様のための18禁…頑張ります。←といっても私の書くものなのでヌルいとは思いますが。
 さて、あと3日(あくまで作中)で「長岡先生は見た」にリンクします。長かったです…
 
 今日も読んで下さいまして有り難うございます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。