スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第二章-1


 本当に彼の事を想うのなら、この恋情は決して口には出せない。
片桐も困るだろう。まずは、同性である自分の告白に。あまつさえ、彼の家と自分の家との現実が重くのしかかっている。
 二人きりで話してしまうと、衝動的にも口走ってしまいそうで傍にも寄れない。
 遠くから眺めるだけにしよう、そう決意した。
 三條も自分が片桐の事を口に出さないでいると、彼の方から片桐の話題は出して来なかった。三條らしい心遣いだった。
 眺めて居て気付いた事が有った。中庭で別れて以来、片桐の方からも話し掛けてくることはなかった。しかし、何かの拍子で目が合うと驚いた風に彼の大きな瞳が物言いたげに開かれ、そしてふっと視線が逸らされる。また、黒田達と話している時は微笑を浮かべているが、自分と居た時の様に指を唇に当てる事は皆無だった。彼の癖なのかと思っていたが、そうでは無さそうだった。
 学校では彼の姿を追っているだけだったが、屋敷に帰り寝台に横たわると彼の姿に欲情している自分を自覚した。いつかの園遊会で見た、燕尾服姿。そして制服を着ている彼の姿…その服を剥ぎ取りたい。触れてみたい。直接彼の熱を感じ取りたい。繊細な指が当てられていた唇に自分の唇を押し当てたい…そんな気持ちが抑えきれない。



 しかし、抑えなければならない欲望だった。



 第一、彼が自分の欲望に気付いている筈も無く、告白しても戸惑うだけだろう。そう思って、辛うじて自分の気持ちを抑え込んだ。
 悶々と悩んで居る内に、お願いしていた英語の家庭教師の先生が急遽帰国する事になった。後任を探している母やマサにふと思い付いて言ってみた。
「三條君の先生はどうですか。三條家御用達の先生なら文句はないのでは」
「まああ、三條様御用達の先生ですの。それは申し分の無い先生ですわね。御都合の方は宜しいのかしら」
 三條の英語の家庭教師、それは片桐家御用達でもある。彼から少しでも片桐の様子を聞きたいと思った。勿論、自分の想いは秘めておかなければならないが。
「三條君を通して聞いてみますよ」
 善は急げとばかりに、三條の屋敷に電話を掛けた。三條も快く先生に頼み込んでくれる事を約束してくれた。そうして、後任の家庭教師の話は問題なく決定した。最初の指導の日、レッスンが終わって、お茶の時間に雑談を装って尋ねた。
「三條から伺いました。片桐君にもレッスンをされているそうですね。彼も私の学友です。彼の英語と私ではどちらが上手ですか」
「…好敵手ですか、片桐様と?」
「いえ、彼を尊敬しています。出来れば彼に追い付きたいと…そう思いましたので」
 自分は考えて居る事が顔に出ないと三條に良く言われる。初対面の教師には自分の考えは読まれないだろうと確信が有った。しばらく沈黙が続く。
「秘密を守る義務は有りますが、この位なら申し上げても良いでしょう。殆ど同じ程度だと思います。お二人共大変優秀な生徒様です」
「そうですか。有り難う御座います。これからも宜しくお願い致します」
 三條も言って居たが片桐の英語力も相当の物らしい。
 
 季節は移り変わって行き、春が過ぎ、新緑の頃を迎えた。やはり、片桐への恋情は変わらなかった。告白してしまいたかったが、彼を困惑させる事はどうしても出来ない。そう思っていた矢先の、青天の霹靂とも言うべき事件が有った。

ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!


FC2ブログにこっそりと過去小説をアップしていますが(ところどころ、悲惨な表現変えています。本家のヤフーブログではお返事コメが書けないのですが、こちらではそんなにコメも戴けないので返信コメントも充分可能です。コメントも大歓迎です~!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。