スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜吹雪の風~第二章~?

 二つの赤い尖りを情熱的に愛撫されるだけで、佳樹の下半身も熱をはらみ、少しづつ大きくなってきた。そのことに気づき、耳まで赤くなっている佳樹に、
「心配するな・・・俺もこうなんだから…」
と、佳樹の手を己の下半身に導く。佳樹よりも充血しているようだった。服の上からそっと握り込む。狂熱に促され撫でるように手を動かした。それだけでどんどん大きくなるのが嬉しくて…。ズボンのファスナーを下ろした。そして下着の中に手を入れ直接扱く。恥ずかしかったが思い切って三浦の顔を見ると、気持ちよさそうに、また少し苦しそうな表情を浮かべている。
―ちゃんと感じてくれてるんだ―
 そのことがとても嬉しい。この行為は初めてなので自信がなかったからなおさら。
「あぁ…っ。うっ」
 胸への愛撫がよりいっそう激しさを増した。上下の歯を使って尖りを挟み、せり上げた。
「い、いいっ。で…も、もうダメっ」
 余裕のない佳樹の声に、
「佳樹は、ココも弱かったよな」
 そう言って、充血したモノの先で臍の周りを突く。
 それが得も言われぬ快感を佳樹の脳にもたらす。佳樹の臍の周辺はいつしか、三浦の先走りの雫で濡れていた。佳樹も限界だ。胸と臍の二箇所の愛撫には耐えられない。
「あぁ…い、達き…そう」
「もう少し我慢出来るか」
 額に汗を浮かべた三浦が聞く。たまらずに、三浦の髪をかき回しながら、佳樹は、
「け、ケンイチさんが・・・そ…う、言う…ならっ。くっ」
 必死で耐えた、唇を噛みしめて。すると、三浦は胸から唇を離し、臍の周りを唇で愛撫した後、佳樹の熱の中心に顔を埋めた。すっぽりと「佳樹」を口孔に飲み込み、激しく扱く、唇や喉を総動員して。
 そのあまりにも鋭い快感に、快感なのか苦痛なのかも分からなくなってくる。
「あ…そ…れ・・・、だめ。もうダメ」
 涙を流しながら佳樹は身悶えた。快感に涙腺までが壊れたみたいだった。理性は蒸発し、ただただ感じるままに声を上げる。身体をのたうたせる。
「いいぜ。達きな」
 それを合図に、佳樹は絶頂を極めた。全身が弛緩する。
疲労で失神してしまいたかったが、なけなしの理性が戻ってきた。
「ケンイチさん…のコレは、どうすれば…いい」
 佳樹の放ったモノを飲み下した三浦は唇を緩めて、耳元で囁いた。
「このまま触ってもらうか、俺がしたみたいに口でするか…それとも俺を受け入れてみる・・・か」と。
―抱かれたいと思ったのは僕だ、だったら―
「受け…入れる」
 震える声で宣言した、もちろん小さな声だったけれども。







   ↑
少しでも面白かったと思われたら、クリックお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。