スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」 春-44

「はぁ?仰っている意味が良く分かりません。女性の上司のお部屋を貸して頂いたのなら――まあ、そんな軽率なことは絶対に致しませんが――あらぬ憶測を招くことも有り得るかとは思いますが、同性同士です」
 笑い飛ばそうとして、心外そうなスパイスを含ませた天衣無縫の笑顔を作ったが、成功したかどうかは分からない。何しろ相手は想像を絶する権力闘争に勝ち残った絶対的勝者なのだから。
 こうして、病院長室で二人きりで話していることさえ信じがたい出来事だ。
 斎藤医学部長は演壇で演説する姿が一番しっくりくる。そういえば祐樹が大学を卒業した時も式場である大講堂で祝辞を重々しく語っていた。祐樹はもちろん卒業生として会場の後ろの方に座って拝聴していた。
「いやぁ、ご婦人方というのはスキャンダルが大好きな人種らしいですね」
 イキナリ何を言い出すのだろうかと、返す言葉も見つからない。
「大学時代の友人が病院を経営していて久闊を叙するつもりで訪問したのです…たまたま待合室に居たところ、女性週刊誌を片手にご婦人が真剣に議論してらっしゃっているのを呆然と眺めていた経験が有ります。
 曰く『大物俳優のOが中年と呼ばれる年になってやっと入籍したが、あれは同性愛者だとウワサに高いO何某のカムフラージュか否か』と。いやぁそれはもう白熱した議論でした。ああいった活発な議論を是非ウチの病院の各種委員会でもして頂きたいものだと思いましたよ」
 いかにも感心したかのようにしみじみと語ってはいるが、どうせ友人の病院云々は斎藤病院長のフィクションだろう。多忙な斎藤病院長が友人の病院を訪ねることは…百歩譲って本当だったとしても、天下のK大付属病院長様の訪問を受けた病院長が待合室で待たせるなどということは考えられない。そんな無謀な院長は京都には居ないハズだ。やむを得ない急患が搬送されたとしても院長室で待たせるのが常識だろう。
 邦画実写版の興行記録ナンバー1映画に主演した俳優の件はゲイバー「グレイス」でも話題になっていたので多少は知っている。確かに同性愛者だというウワサもあり、恋人は歌手のHだとかいやそれは違うとか色々言われていた。
 しかし、何故こんな下々の下賤なウワサを雲の上の人が知っているのだろうか?どれだけ広いアンテナを張っているのかと驚嘆を通り越して唖然とする。
「はあ、しかしそれは、日本人のほとんどが知っている俳優だからこそ議論の価値があるのでは?」
 斎藤病院長はにんまりと笑って指を組んだ。
「その構図は規模こそ小さいですが我が病院にも当てはまりますね。病院で知らぬ者が居ない花形教授と、ナースの人気度ナンバー1医師ですから」
 墓穴を掘ってしまったことに気づいて唖然とした。一体どうしたらこの泥沼から抜け出すことが出来るのだろう?
 「この紙質でお分かりかと思いますが、院内LANのプリントアウトした用紙です。アクセス制限が最高度に設定されているので、限られた人間しか閲覧出来ない仕組みになっています。
 それに原本は、あるまじきことですが…不思議なことに紛失し、現在の田中先生のお住まいは従来通りに書き換えられているのを今日秘書と私が確認しました。
副センター長をお引き受け下されば、私が責任を持ってこの書類はシュレッダーにかけて、あらぬ憶測を生むようなウワサは絶対に漏らしません。私の第一秘書は若いですが私が話すなと命じれば絶対に口外しない女性です。お二人の関係は、あくまで上司と部下というだけのこと。住所は真実がどうあれ、別々です。
 しかし、香川教授のマンションは立地条件がとても良いので…あの近くには病院関係者が多数住んでいます。偶然に田中先生がその辺りを通りかかっていたとしても、ましてやお二人が御一緒しているところを誰かに見られても、不肖この私が責任を持ってあらぬウワサは抹消すると御約束します。こちらがそれだけ譲歩したのですから副センター長、お引き受け下さいますよね?」
 例の香川教授への反逆事件が医局で持ち上がった頃、憎き山本センセが斎藤病院長に二人の真実の関係を示唆する言葉を吐いていたのを祐樹も携帯電話越しに聞いている。
 当時は一介の研修医で、この部屋には入ることが出来なかったため、最愛の彼に頼んでそうして貰っていた。
 その頃から斎藤病院長は二人の関係を知っていたのだろう。そして、4月に提出した書類を即座にチェックさせたに違いない。そうでなければ千人単位の病院関係者の住所などは分かるわけがない。
 もしかすると、香川教授のマンションはこの辺りでは一番の高級マンションだ。斎藤病院長に近い人間が住んでいるかもしれない。病院関係者が居ないことはあらかじめ確かめておいたが、斎藤病院長の人脈は祐樹などが考えつかないほど広いと思われる。二人が同棲状態なのを知っての上での交渉だということは言葉の端々で感じられた。
 悔しいがチェックメイトだ。関西随一の大学の医学部長兼病院長ともなれば、数々の修羅場をくぐりぬけて来たに違いない。一年生医師が敵う相手ではなかった。
 奥歯を噛みしめながら譲歩を引き出す戦術を練る。


_________________________________________________________



ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!


この作品はヤフーブログで更新中に一部作品に「投稿できない文字列が含まれています」との痛恨のエラーが。なので途中で申し訳ないのですが、こちらでも更新させて頂いております。







スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

「がんじがらめの愛」5章-24

「貴女達は下がりなさい」
 絢子様のお言葉と扇での優雅な指図で官女が一斉に部屋を出た。絢子様の御殿の応接室に通された刹那の出来事だった。それまでは、丁重な挨拶を交わしただけだった。
 程好い上品さに囲まれた豪華な室内だった。
「お久しぶりですこと。ご機嫌は……御悪いようですわね」
 優雅に扇を弄びながら絢子様は仰った。
「お久しぶりで御座います。単刀直入に申し上げる無礼をお許し下さい」
 扇を口元に当て、紫色の振袖をお召しになった絢子様は、真剣な表情をなさった。
「わたくしにも心当たりが御座いましてよ。御両親に片桐伯爵の子息との関係が露呈した。そうで御座いましょう」
 ご存知でなければこんなに早く面会など叶わなかったに違いない。
「その通りです。しかし、良くご存知でいらっしゃいましたね」
「わたくしにも色々と耳打ちする者も、心痛の余り相談する者もおりましてよ。男子部にも通って居る縁の者が居ります」
 それはそうだろう。元来、学習院は御皇族の為に建てられた学校だ。
 心痛の余り…とは、華子嬢か柳原鈴子嬢に違いない。
「男子部ではそれ程、噂にはなって居ないと思っておりましたが」
「ええ、男子部では貴方が悪性の感冒に罹り長期ご欠席になった、その後片桐さんがお休みという事しか噂にはなっておりませんわ。一部の例外を除いては、ですけど」
 その言葉で理解した。
「三條ですか」
「その通りです。三條さんからもよしなにとのご伝言です」
 彼の事だ。何も言わないで自分の為に手を打ってくれたのだろう。もちろん、未来の兄である片桐のことも心配だったに違いない。
「以前も申し上げました様に、わたくしはあなた方の御味方をしましてよ。わたくしに出来る事は何かしら」
 親身な御言葉とご口調に一瞬息が止まった。
 全てを申し上げようと決意する。
「実は私の両親が片桐家に抗議の手紙を出すと申しておりまして。そうなれば両家の確執からすれば争いは必至なのです。ですからやんごとなき御方に御仲裁賜りたく…」
 絢子様は思慮深そうな瞳をされた。
「その御方とは、皇后陛下の事でございましょうか」
 少し眉を顰めて、扇を閉じて眉間に当てられた。お考えになる時の表情だろう。
 次の御言葉で、自分達の運命が決まる。失礼の無いように形の良い紅色の唇を眺めて、おもむろに申し上げた。「その通りです。御不快も御有りかとは存じますが、絢子様にお願いするしか私には方法が見つかりませんでした」
 御不快には違いない。かつては片桐を見初めた御方なのだから。下賎な言葉で言うと恋敵だった。
 絢子様の次の御言葉で自分達の未来も変わる。掌に汗が滲むのを感じた。



ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!



テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

「がんじがらめの愛」5章-23

 柳原嬢も流麗な文字で手紙を書いて下さっていた。
――片桐様の事で即刻宮城へ家令を走らせました。この様な事を書くのは憚られますが、皇后陛下に申し上げるお役目には、俗に申します小姑の絢子様の方が適任かと思いました。絢子様と皇后陛下はお親しいと伺っておりますし。ですから本日、絢子様に「加藤様がお会いになりたがっていらっしゃる」とお伝えしましたところ、「今日にでも招待状を出す」とのお言葉で御座いました。ある程度の事はご存知でいらっしゃいますのでこのように早いご招待になったのだと拝察致します。――
 明日なら都合が良い。明後日は片桐に逢いに行くのだから。
 確かに皇后陛下に内々に申し上げるのは絢子様の方が適任だろう。天皇陛下御生母でいらっしゃる柳原様は、万事がおっとりとした方でそれ程の勢力はお持ちで無いと仄聞している。今上陛下ご生母である方のお手を煩わせるのも畏れ多い。しかし絢子様は自由闊達でいらっしゃる。その上、自分達の関係までもご存知だ。その御方がこれ程早くお動きになられるとは予想外だったが、畏れ多い事ではあるが都合は良い。
 皇后陛下は出自こそ公家華族だが、御一新前は丈夫に御育てするとの名目で豪農の元に預けられていらっしゃったせいか、人の気持ちをくみ取る事の出来る素晴らしい方だと誰からか聞いた事が有る。
 そんな事を考えていると、マサの声が扉の外から響いた。慌てて手紙を仕舞い、入室を促した。入って来たのはマサではなく母だった。
 興奮した様子で少し頬が上気している。紅い唇が興奮のせいか少し震えている。
「ただ今、宮城から御使者がいらっしゃいました。絢子様から晃彦様にとのご招待状だそうです。勿論参内されますわよね」
 意外そうな顔を取り繕って言った。
「ご招待状ですか…絢子様とは確かに面識はありますが、招待される理由が分かりません。それに宮城では内内の晩餐会が近い内に催される筈です。何時、参れば宜しいのでしょうか」
「それが、明日という事なのですわ。確かに明後日は宮城の晩餐会ですが、畏れ多くも絢子様のようなご身分の方はそれ程準備が大変では御座いませんのよ。理由は分かりかねますが…ただ、名誉な事ですのでよもや晃彦様もお断りにはならないでしょうね」
 母の眉が釣り上がった。
「はい、では参ります。理由はご存知でいらっしゃいますか」
「いいえ、こう申しては何ですが、高貴な方の気まぐれではないかと畏れ多くも拝察します。でも、我が家にも名誉な事には間違いは御座いません」
 母は着る物の指図をすると、父上もお喜びでいらっしゃいますとの言葉を残して慌しく部屋を出て行った。
 母も宮城での晩餐会の用意で忙しいのだろう。その上、息子までが御皇族の招待を受けたので興奮状態のようだった。これなら明後日、自分が屋敷を抜け出す計画を立てている事には気付かないだろう。
 片桐と自分の為に絢子様がどれだけお力をお貸しくださるかが心配だった。ただ、悪い方には向かって居ない事だけは確かだ。



ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!


テーマ : BLファンタジー
ジャンル : 小説・文学

「がんじがらめの愛」5章-22

 全く味のしない夕食を食べ、日課になってしまったベランダでの考え事をした。今までは屋敷を抜け出す事など考えになかったので、部屋の周囲の監視は有るかなどは考慮の外だった。
 しかし、今は状況が違う。人の気配が有るかどうかを敏感に感じ取ろうとした。学校にも行って居ない今、自由になる時間は充分に有る。今日と明日は夜の自分の部屋付近に近付く者が居ないかどうかを調べるには勿怪の幸いだ。
 部屋の電気を消し、寝た風を装ってベランダに居た。部屋の外にはシズさんに予め注意を払って貰って居る。
 ベランダに佇んで人の気配がしないかどうか注意を払っていたが、幸いにもそのような様子は無かった。これならば屋敷を抜け出したとしても露見はしまい。安堵感に力が抜けた。 
 そうなると、やはり考えてしまうのは片桐の事だ。
 以前、神経が緊張すると寝る事が出来ないと聞いた。今もきっとそうなのだろう。しかも食事もしないと華子嬢は言って居た。
 滋養の有る物を食べさせたいが、問題は方法だ。自分が用意させるのは簡単だが、持ち運びの事を考えると、それも出来ない。シズさんに頼もうかと一瞬思ったが、彼女は台所の女中ではない。彼女が外に出掛ける時は三條や華子嬢への文遣いの時だけだ。その時に買って来て貰うとなると彼女の時間がもっと割かれる。そうなるとマサから目を付けられる可能性が増す恐れが有る。それに何より、彼女には負担を掛けさせられない。
 華子嬢に依頼するのが最上ではないかと判断した。そして、片桐の母が宮城に招待されているかどうかも確かめる必要が有る。
 もう午前三時を回って居たが、机に向かいこっそりと華子嬢へ手紙を書いた。追記として明日シズさんに届けて貰うのが良いだろうと思った。
 以前、片桐は自分が居たら眠る事が出来ると言って居た。ならば自分が食べさせれば食事が進むのではないかとそこはかとないの望みを繋いで居た。
 食事も睡眠も出来ない有様の片桐など見たくは無かった。何とかして彼に平安を取り戻させたいと切実に願って居た。全ては自分が引き起こした事なのだから。
 責任を取りたいのではなく、彼への愛情故にそう思う。
 翌日、掃除に来たシズさんに手紙を託した。華子嬢からの返事が特に待ち遠しい。焦燥感に駆られながらも、仕方なく勉強をしているとシズさんが片桐家と三條家への文使いを終えて屋敷に戻って来た。夕食まで待たねばならないのかと溜息を吐いていると、こっそりと彼女が無言で部屋に入り、袱紗に包んだ手紙を手渡して部屋を出て行った。恐らく仕事が溜まっているのだろう。何しろ屋敷挙げての大騒ぎなのだ。宮城に招かれるというのは。関係のない使用人でも仕事が増えるのだろう。
 封を切るのももどかしく華子嬢からの手紙を読んだ。
――宮城への招待は父の病状の為かどうかは分かりませんが、我が家には御座いません。三條様が誘って下さいましたが、兄の様子の方が気掛かりですのでわたくしは屋敷に居ります。兄も晃彦様がいらっしゃれば食事もするかと考えますので、ご依頼の件承りました。わたくしが屋敷に入れるように取り計らいます。もちろん父母には内緒に致しますわ
 柳原様から御手紙をお預かりしました。同封いたします――
 このような手紙だった。安堵の思いで柳原嬢の手紙を開封した。絢子様と連絡は取れたのだろうか焦燥感にさえなまれながら。



ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!


テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

「がんじがらめの愛」5章-21

「はい、何でございましょう」
「実は片桐君の事が心配なので、自分の目で確かめたい」
「左様で御座いますか」
 シズさんは僅かに引き締まった表情で静かに頷いた。
「俺が屋敷を抜け出した場合、家族に露見してはまずい。この部屋の監視はどうなっているか、シズさんが知っている限りで良いので教えて欲しい」
 彼女は考えを纏めるかのように少しの時間が経ってから滑らかにに話し出す。
「左様で御座いますね。特に監視はされていないと存じます。お庭にも書生などが見張っている様子は御座いません。私が寝台の用意をして下がってからはどなたもこのお部屋には近付きません。晃彦様は表向きご病気とされておりますので、近付く人間は居りません。
 特に今は、御屋敷ではご主人様が宮城に参られる準備で大忙しの様ですので…。 前回の様に予想外にもマサさんが居残ると言った話も聞いて居りません。その上マサさんも宮城へのお召し物の衣装を準備しています。それは確かめたので本当らしく思えます。ですから、伯爵夫妻が宮城に参られる日が適当なのでは御座いませんか」
 冷静沈着な彼女の言葉を聞いて、決意した。やはり、使用人には使用人しか分からない事も有る。特にシズさんは前回の騒動の事を自分の責任の様に感じて居る節が有る。その為にあまり縁の無い使用人まで調べて居てくれたのだろう。第一、彼女は他の使用人とは出自が違う。誇り高い士族出身だ。
「前回の事は、全ては俺の責任だ。シズさんのせいでは無い。
 今回は、夕食もシズさんが食べて呉れないか。一刻も早く片桐家に行ってみたい。
 そしていつもの様に寝台の用意をして、他の使用人が近付かない様にして欲しい」
「承りました。今回は失敗の無いように心して務めます。」
 彼女も蒼い緊張の面持ちで断言した。冷静で賢明な彼女の事だ。信頼は出来る。
 華子嬢への手紙に「両親が宮城に参る日にそちらの屋敷に忍んで行く」旨を書き添えた。ただ、片桐には内緒にしてもらうように…との事も。
 シズさんに手紙を託し、彼女が出て行ってからも、片桐の事を考え続けた。
 今回は絶対に失敗しては成らない。そう思うと、色々な不測の事態に対応すべく、必死に考えた。マサを筆頭に両親に忠誠を誓う人間の動向を自分も考慮に入れ、シズさんの協力も欠かせない。
 片桐家では、当主代理をしている片桐の部屋には監視は付いていないだろう。父母が抗議の手紙を出すのは宮城での晩餐会以後だ。宮城の晩餐会は他の華族の晩餐会と違って気の遣い方も違う筈だ。翌日はのんびり過ごされるだろう。書くとすれば、晩餐会の翌日では無く、その次の日だろうと思った。
 それまでには、華子嬢や柳原鈴子嬢も何らかの動きをし、どの程度かは未知数だが収穫が上がっているのではないかと予想した。
 早く片桐の顔が見たい。自分の顔を見て、彼に安心を与えたい。切実にそう思った。三條からの手紙、「片桐君と少し話したが、お前の事を話した時だけは少し顔が明るくなった」と書いてあるからには、片桐は自分に失望しているわけではない事に安堵していた。
 一番の恐怖、それは彼の愛を失う事だったからだ。
 彼の瞳に映った自分の顔が切実に見たい。




ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!








テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。